ライザップではどんなことが言われるのか?

 

女性

 

ライザップ横浜で指示される食事管理とは?

 

ライザップでは食事を抜いてダイエットせずに3食きちんと食べるように言われていました。

 

今までは朝ご飯は食べないで会社に行くことが多かったのですが、その方が、ダイエットに良いと思っていました。  ライザップでは、食事を8時間以上食べないで、急に糖質を多く摂ると血糖値が急上昇して逆に脂肪が付きやすくなると年得て頂きました。ヨーグルトなどの軽い物でも構わないようでと朝食を食べてみたら、空腹感が少なくなり、間食をしたり昼食を減らすことが出来ました。

 

就寝前3時間前から何も食べないように指導を受けていました。慣れると、その方が寝付きが良くなり朝も気持ちよく起きられるようになりました。それと朝食を食べたいと思えるようになりました。

 

プロテインの効果

 

トレーナーから、炭水化物を減らして、プロテインをしっかり補給することが大切だと教わったので、運動の前後やトレーニングの無い日も毎日プロテインを飲みました。

 

ココア、ストロベリーなどなど甘い味が付いたプロテインは、スイーツの代わりになる事も分かりましたのでそれもダイエットの役に立ちました。プロテインは、ソイプロテインの方がダイエットには向いているということだったので、ソイプロテインを飲んでいました。

 

しかし、あまりソイプロテインを摂ると、ソイプロテインに含まれるイソフラボンの過剰摂取になり女性ホルモンのバランスが崩れると聞いたので、途中からプロテインは止めて、BCAAに切り替えました。BCAAの方が、よりカロリーが少ないですしトレーニング後にも吸収が良いと聞いたので、ドラッグストアで購入して摂っていました。

 

ライザップでも進められたのですが、お財布の関係でドラッグストアで購入しました。

 

自信があるから!ライザップは30日間全額無条件返金保証。詳細はこちら≫

関連ページ

ライザップの横浜での食事管理は?
横浜駅近くに2店舗を展開するダイエットジム、ライザップでダイエットの全貌や、どんな食事管理だったのかをレポートしていきます。