横浜のライザップどのような食事制限をしているのか?

 

 

一般的にはライザップの食事管理は厳しすぎて、一時的には減量できてもライザップを卒業したら続けられず酢食いにリバウンドしてしまうとの噂もありますが、実際の所はどうなのでしょうか?

 

ライザップで指示された食事管理はどんなものでしたか?

食事制限で渡されたマニュアル内容は、思ったほど厳しくはなかったです。ライザップに通っている人の多くが30代〜の会社員で接待やお付き合いも多いので、あまり厳しいのは実現不可能だからかもしれません。
 
どちらかというと、筋トレのほうがずっとハードだと思います。
基本的に糖質制限なので、市販されている糖質制限レシピの本もいただきました。
 
それを参考にして、自炊が基本です。
 
外出先でも食べて良いものなどが細かくリストアップされており、毎食食べる前にトレーナーさんに食事内容の写メを送りました。
 
それをみて、トレーナーさんが次回はこの中のこれはやめておきましょうとか、今日の食事はここが良かったですねとかの評価を返信してくれます。
 
毎回考えるのが面倒くさかったので、常にささみの酒蒸しと油抜きした油揚げと納豆などを常備しておき、ルーティーンで食べ続けていました。
 
栄養が偏るので少し別のものも食べなさいと言われましたが、困ったらこれというのを作っておくと楽だと思いました。
 
私はわりとビジネスライクなお付き合いを望むタイプなのですが、顧客のタイプによっては、「バカヤローこんなの食べて!!」とか、「こんなの食べてたら絶対痩せない!今から走れ!」みたいな、望みのキャラに合わせて指導をしたりしているそうです。

 
トレーナーさんもサービス業だなと思いました。

 

 

 

ライザップの食事管理は栄養の管理だけではなく、個人個人のメンタルまで考えて指導がなされているところが、特徴と言えるでしょうか

 



関連ページ

ライザップの食事管理の特徴とは?
横浜駅近くに2店舗を展開するダイエットジム、ライザップでダイエットの全貌や、どんな感じだったのかをレポート、紹介していくサイトです。